N町より愛をこめて

カテゴリ:remains( 7 )

Autumn in Yamadera

c0112158_23401734.jpg




c0112158_23403192.jpg




c0112158_234132.jpg




c0112158_23411869.jpg




c0112158_2341343.jpg

山形県山形市 山寺(11月2日撮影)
1・2枚目はAi Nikkor 135mm F2.8で絞り解放で撮影。
3枚目はEF-s 17-85mm F4-5.6 IS USMで望遠側絞り解放(F5.6)で撮影。
当然ながらボケ方が全然違う・・・。明るいレンズ、やっぱ良いなぁ。


All photo by EOS 40D
[PR]
by yomographic_blue | 2007-11-22 23:59 | remains

仙人堂

山形県最上郡戸沢村  最上川舟下りにて
c0112158_0191831.jpg

今から800年前、源義経の家来、常陸坊海尊が建立したといわれている仙人堂。
因みに400年前に芭蕉がここの湧き水でコーヒーを飲んだ。

c0112158_0193437.jpg

舟でしか行けない場所であるw

c0112158_0195037.jpg

湧き水コーヒー飲んでみた。芭蕉の気分になった。うまかった♪


Canon EOS Kiss DN
[PR]
by yomographic_blue | 2007-08-10 22:00 | remains

キリストの墓

青森県新郷村
「ゴルゴダの丘で磔刑になったキリストが、実は密かに日本に渡り天寿を全うしていた」という伝説が残る村。
キリストの墓は昭和10年に竹内巨麿によって発見されたそうな。竹内文書のあのお方ですね!

この文書によると、キリストは実は21歳の時に既に日本を訪れており、12年間、現在の富山で言葉や文字を学んだという。聖書にはこの時期のキリストの動向についての記述がないのだ。
c0112158_1555426.jpg


33歳でユダヤに帰ったキリストは数々の教えを説くようになり、その後、ユダヤ教パリサイ派の反感を買って処刑されてしまう。

しかし実は、処刑されたのは身代わりとなった弟のイスキリであり、キリストは極秘で日本を再訪し戸来村で106歳の天寿をまっとうしたという。そうだったんだ!
c0112158_1581256.jpg



☆キリスト渡来伝説を裏づけるモノ☆
①墓のある丘を所有していた沢口家の家紋がダビデの星に似ている。
②新郷村の昔からの農作業着がユダヤ地方の衣装に似ている。
③村周辺に伝わる盆踊りの歌詞が「ナニャドヤラ・・ナニャドナサリデア・・」と意味不明であるが、ヘブライ語で「聖前に主を讃えよ・・」と訳せる。
④沢口家では生後10か月の赤ちゃんが初めて外出する際、魔よけとして額に墨で十字を書く風習がある。
⑤新郷村の旧地名である戸来(へらい)は「ヘブライ」に由来する。

ダヴィンチもびっくりですね。

c0112158_1593249.jpg

十来塚(キリストの墓)
ここにいるのですね・・・。

c0112158_21799.jpg

十代墓(弟イスキリの耳と聖母マリアの頭髪が葬られている。)
後方の建物は「キリストの里伝承館」。残念ながら夕方なので閉館していた。


これにて青森旅行終了!お世話になった「わ」ナンバー君と八戸駅で別れを告げ、最終の新幹線で仙台に帰ってきたとさ。充実が凝縮し過ぎた3日間だった。めでたし、めでたし。
[PR]
by yomographic_blue | 2007-08-03 23:10 | remains

三内丸山遺跡

c0112158_13405472.jpg

青森県青森市三内丸山
そこには今から約5500年前に大規模な縄文集落が存在していたという。

c0112158_147583.jpg


c0112158_13412691.jpg

復元された竪穴住居。

c0112158_13414469.jpg



c0112158_13425096.jpg



c0112158_13432440.jpg



c0112158_13435828.jpg



c0112158_13441750.jpg



c0112158_13443819.jpg

大型竪穴住居の中は広くて暖かそうだ。冬期間の共同家屋だったらしい。


c0112158_13445247.jpg



c0112158_13452316.jpg



c0112158_13454029.jpg



c0112158_13455565.jpg

大型掘立柱建物跡。
直径1メートルの栗の柱を使い、高さ20メートルにも及んでいたという。

c0112158_1472659.jpg

All photo by EOS Kiss DN
[PR]
by yomographic_blue | 2007-08-02 22:30 | remains

義経寺

c0112158_21345668.jpg

東津軽郡三厩村にやって来た。

c0112158_14401622.jpg

源義経は平泉では死なずこの地まで逃れ、蝦夷地へ渡ったという伝説が残る義経寺。
義経が荒れ狂う海を前に観音像に祈ると、三頭の龍馬が現れ海峡を渡ることができたという。

c0112158_14403867.jpg



c0112158_14413041.jpg



c0112158_14414634.jpg



c0112158_1442664.jpg

竜馬山観世音
祈りを捧げた観音像が今も安置されている。

c0112158_14434244.jpg



c0112158_14444234.jpg

厩石(うまやいし)とよばれる海岸の大きな岩礁。
三つの洞があり、ここに龍馬が繋がれていたという。
三厩の地名の発祥の地である。

c0112158_1445193.jpg

龍になった気分だ。
此れより蝦夷地へひとっ飛びするなり。風よ、吹け吹け!

c0112158_14453768.jpg



c0112158_14465100.jpg

京都にいる筈の静御前は義経一行に会えたのだろうか?
まあいいか。

c0112158_14462840.jpg

甲岩(かぶといわ)  義経海浜公園にて
無事海を渡れるようにと、義経が大事にしていた甲を海に沈め海神に捧げた場所である。
強い風が吹き荒れていた。次に向かう龍飛崎は、ここの2倍風が強いらしい。


All photo by EOS Kiss DN
[PR]
by yomographic_blue | 2007-08-02 22:00 | remains

弘前城

c0112158_21542683.jpg

弘前城天守閣
シャチホコ君たちのきつい体勢は見ているだけで首が凝る。

c0112158_21544069.jpg



c0112158_21545679.jpg



c0112158_215588.jpg

祭り直前。街中に轟く太鼓の音が、胸を高鳴らせる。
この弘前公園の側の道路には、多くのねぷたが待機していた。


taken by EOS Kiss DN
[PR]
by yomographic_blue | 2007-08-01 22:00 | remains

富士山一周の旅 ~日本平・久能山東照宮~

c0112158_1151664.jpg

静岡市駿河区 日本平から久能山東照宮を結ぶロープウェイにて
遠く駿河湾のかなたにうっすらと伊豆・御前崎がみられる。

c0112158_1285895.jpg

久能山東照宮
駿府城で75歳で死去した徳川家康の遺言により、二代将軍秀忠が当時の技術を集めて建てた社殿。

c0112158_1153827.jpg



c0112158_1155065.jpg

神廟(徳川家康の墓)


c0112158_116230.jpg



c0112158_1161212.jpg

豆屋ダイズさんどうもありがとう!また遊びに行かせてください(^O^)


taken by EOS Kiss DN
[PR]
by yomographic_blue | 2007-07-26 01:41 | remains